金銭消費貸借に関するQ&A ①お金を貸したが借用書がない?

      2016/06/07

kari

(例)

私は、友人にお金を30万円貸しました。

1カ月後に返すという約束でしたが、借用書は作成しませんでした。

借用書がなくても金銭の貸し借りの契約が成立したといえるでしょうか。

 

A.契約は成立しています

 

①金銭消費貸借の成立要件

民法の規定によれば、金銭消費貸借は「返還の約束」と「金銭の授受」だけで成立しますので、借用書などの書面作成は成立の条件ではありません。

あなたの場合、1カ月後に返すという約束で友人に30万円を渡したのですから、契約は完全に成立しています

借用書がなくても、1カ月後、友人はあなたに30万円を返さなければなりませんし、あなたも1カ月後になれば、友人に対してお金を返すように請求することができます。

 

②借用書の意義

契約成立の条件となっていないのに、一般的に金銭消費貸借契約締結の際、当然のように借用書などの書面を作成することが多いのはどうしてでしょう?

それは、借用書が後々のトラブルを回避するのに有効であり、また、トラブルとなった場合に証拠として価値があるからです。

すなわち、あなたのケースで、1カ月後に友人にお金を返すようにいったところ、友人が「30万円は、くれたんじゃないの?」といったらどうしますか。

「返す」といった、言わない、の争いをしても埒が明きません。

そして、仮に争いが進展して裁判となった際、借用書があれば、契約成立を裏付ける重要な証拠となります。

裁判において、当事者双方の署名・押印のある借用書があれば、基本的には契約成立の証拠としては十分でしょう。

また、トラブルを避けるという意味では、貸し借りの際に書面を作成することで、お互いの意志が明確に確認できます

友人間において、なあなあのまま金銭の授受があると、それが貸したのか、あげたのか、お互いの認識が異なる可能性がないとはいえません。

そこで、書面を作成し、その場で貸借か譲渡かを相互に明確に確認していれば、後々の不要なトラブルを避けることができます。

このように、借用書などの書面作成は消費貸借契約成立の条件とはなっていませんが、できる限り作成することがトラブル回避の意味では望ましいといえましょう。

 

③借用書を作成していなかったら

貸し借りの際、借用書を作成していなくても、金銭消費貸借契約の成立を立証することはできます。

後日、友人に、あなたから金銭を借りたことを認める「念書」を作成してもらい、差し入れてもらえば、裁判においても立派な証拠となります。

また、念書のような堅苦しい書面を書いてくれないような場合には、メールなどで貸し借りを確認したものも、昨今、証拠としてよく使用されているようです。

 

 - 金銭消費貸借Q&A ,