日常でのお金の貸し借り、正しい言葉では金銭消費貸借!

      2016/06/07

money-kariru

金銭消費貸借とは?

日々の生活の中で、私たちは、よくお金の貸し借りの場面に出会います。

このお金の貸し借りのことを、法律用語で「金銭消費貸借」または「金銭消費貸借契約」といいます。

 

お財布を忘れてから友人から電車賃として小銭を借りること、住宅や車の購入のために金融機関からお金を借りること、これらすべてが金銭消費貸借です。

現代社会において、もはやお金の貸し借りを避けて通ることは難しい上、お金が絡んでくることでトラブルにもなりがちです。

 

そこで、私たちは、金銭消費貸借について正しく理解する必要があります。

この金銭消費貸借について、もう少し詳しく見てみましょう。

 

まず、民法には「消費貸借」との規定があります。

消費貸借とは、金銭その他の代替物(消費物)を借りて消費し、それと同種類・同品質・同数量の物を返す約束のことです。

 

貸し借りの目的物は消費できて代替がきくものであれば何でもよく、古くはお隣さんからお醤油やお米を借りるなど日常生活の物資の貸し借りも頻繁に行われていたようですが、現代社会においては金銭の貸し借りが圧倒的に多くなりました。

 

 - 金銭消費貸借に関する知識