お金を貸した人が事由に処分できる「債権譲渡」とは?

      2016/06/07

saiken

①債権譲渡とは?

金銭消費貸借契約が成立した場合、貸主は、借主に対して「貸したお金を返してもらう」権利を持ち、借主は貸主に対して「借りたお金を返す」義務を負担します。

貸主にとって、この債権は財産の一つであり、自由に処分することができます。

すなわち、「貸したお金を返してもらう」権利を他人に売るのです。

これを「債権譲渡」といいます。

債権譲渡が行われると、貸主は、借主からの返済を待つことなく、現金を手に入れることができます。

他方、債権の買主は、一般的に額面より低い金額で「お金を返してもらう」権利を手に入れることができます。

債権譲渡によって貸主が交代しますので、借主は、返済期限がきたら、新しい貸主に対して、借りたお金を返すことになります。

 

②通知か承諾

しかしながら、借主からみれば、突然知らない人から「債権を譲り受けたのでお金を返してください」といわれても、本当に債権が譲渡され、新しい貸主となったのか確かめようがありません。

そこで、法律では、債権を譲り受けた人が、貸主に対して新しい貸主であることを主張するためには、そもそもの貸主が債務者に対して債権譲渡を通知するか、借主が債権譲渡を承諾することが必要であることにしました。

 

 - 金銭消費貸借に関する知識