お金を借りる前にまず考える事!それ、本当に必要?

      2016/06/07

tukaimiti

①本当に借りる必要がありますか?

何のために借りるのか、いま本当に借りる必要があるのか、具体的に返すあてがあるのか、よく考えましょう。

買い物による浪費やギャンブルで作った借金などは、破産の場合の「免責不許可事項」に該当し、裁判所が返済しなくていいという許可を出さない可能性があります。

また、借金返済のための借金は、破産につながりますので注意しましょう。

 

②「ヤミ金」からは絶対に借りないようにしましょう

あなたが借りようとしている貸金業は「ヤミ金」ではありませんか?

「ヤミ金」には絶対に手を出してはいけません。

次の事項に注意して、「ヤミ金」でないか見極めましょう。

  1. 営業所内に「貸金業者登録票」と「貸金条件表」の提示があるか確認しましょう。
  2. 借りる前には、必ず、行政機関で貸金業登録の有無を確かめましょう。貸金業登録の有無は金融庁のホームページからも検索できます。
  3. 「即日融資」や超低金利などの甘い言葉には注意が必要です。
  4. ダイレクトメールによる勧誘には注意しましょう。あなたが困っているという情報を得てヤミ金がアプローチしているのかもしれません。また、ヤミ金と思われる業者から、貸し付けや勧誘を受けたことがある携帯電話は番号変更や解約をしましょう。
  5. 返済口座を教えない業者や、返済口座が個人名義である場合には、注意しましょう。

 

③契約書の内容を確認しましょう

契約の際、一度にたくさんの書類を見せられ、書類の内容の説明を受けないままに署名させられることがないようにしましょう。

何のための書類なのか、きちんと確認しましょう。

書類の中に抵当権設定契約書などが混ぜられたりして、いつのまにか自分の不動産に抵当権を設定されてしまったりする危険性があります。

また、白紙の委任状や何も書いていない紙を差し出され、住所や名前を書くように言われても、決して応じてはいけません。

後で、抵抗権設定登記をされてしまったりする危険があります。

内容をよく確認しないでいわれるままに署名・押印することは厳禁です。

 

 - 金銭消費貸借に関する知識 ,