たまに耳にする公正証書とは?

      2016/06/07

kousei

公正証書とは、公証人が法令に従って、法律行為や私権に関する事実について作成した証書のことをいいます。

金銭消費貸借の契約書を公正証書で作成する場合は、前者の法律行為に関する証書ということになります。

 

公正証書として契約書を作成するメリットは、国家公務員である公証人が第三者的な立場で作成するため、私人間で作成した契約書に比して強度の証明力を有する点です。

逆に、公正証書が作成されてしまうと、証書の内容を争うのは容易ではありません。

 

また、公正証書の最大のメリットといえば、一定の要件を具備すれば「執行力」を持つことです。

すなわち、公正証書に執行受諾文言を記載することによって、強制執行が可能となるのです。

「執行受諾文言」とは、債務者が債務を履行しない場合には強制執行を受けても異議のないことを認める文言で、通常「◯条 債務者は本証書の金銭債務を履行しないときには、直ちに強制執行に服する旨陳述した」と、公正証書の最終条項に記載されます。

この執行受諾文言の記載のされた公正証書を「執行証書」といい、債務者が債務を履行しない場合に、裁判をせずに、簡単に強制執行をかけることができます。

 

公正証書は、公正役場で作成します。

公正役場は、全国の主要都市であればどこにでもあります。

 

金銭消費貸借契約書を公正証書として作成する場合には、貸主・借主本人が出頭します。

保証人を立てる場合には、もちろん保証人も出頭します。

その際、各人が印鑑と印鑑証明書を持参するのが原則です。

法人の場合には資格証明書(登記事項証明書)も持参します。

代理人によって公正証書を作成することもできます。

その場合には、本人は委任状と委任状に押印された印影の印鑑証明書とを代理人に渡します。

代理人自身の印鑑と印鑑証明書も必要です。

 

また、事前に契約書の案文をファックスなどで公正役場に送っておくとよいでしょう。

 

 - 金銭消費貸借に関する知識 , ,