お金を借りた場合の返済場所、費用、返済時期など!

      2016/06/07

ehnsa

借りたお金を返すこと、返済することを法律上、「弁済」といいます。

ここでは、この弁済について説明しましょう。

まず、返済は誰がしなくてはいけないのでしょうか。

「借りた人が返すのに決まっているじゃないか!」

そうです。

借主が弁済する義務があることは当然です。

家族はどうでしょうか。

よくある話として、「息子が借りた金だ!親が返すのは当然じゃないか!」と怖い顔をした取立て屋が突然現れたらどうしますか。

確かに子どもの不始末について、親には何か責任があるのではないかと、思いがちかもしれません。

でも、法律上、子どもの借金を支払う義務は親にはありません。

夫婦間でも原則として同じです。

つまり、法律上、借主以外に返済の義務があるとされるのは、保証人や借主が亡くなった場合の相続人など、限られた人だけです。

突然、家族の借金を請求されても、動じないで、「返済する義務はありません」と断固拒否しましよう。

 

 - 返済に関する知識 , ,