*

mitui

銀行と消費者金融・ヤミ金の違い!

私たち個人がお金を借りる「消費者ローン」において、貸主は、銀行から消費者金融会社 …

money

覚えておきたい、お金の貸し借り「金銭消費貸借契約」の成立要件!

消費貸借契約は、どのように成立するのでしょうか。 少し専門的ですが、民法の条文を …

chien

借金問題でよくある遅延損害金について詳しく知ろう!

①遅延損害金とは? 利息は、特別な約束がない限り、発生しないということはほとんど …

ryoyry

借金を返す際に絶対にやっておきたいこと!返済の証拠!

お金を返したら債務は消えます。 当たり前のことです。 しかしながら、後々に問題が …

hensa

返済の時期にも種類はいろいろ!

①確定期限のある債務 返済の期限を「弁済期」ないし「履行期」といいます。 通常、 …

ローン・クレジット・キャッシングの違いに注意!

crr

ローン契約

ローンは、お金の貸し付けや借入を意味します。

一戸建て住宅やマンションを購入する場合に利用すれば住宅ローン、自動車を購入する時に利用すれば自動車ローン、教育資金に充てるために利用すれば教育ローンと呼ばれます。

いずれにせよ、貸付をする会社から一定の利用目的のもとお金を借りる場合に利用されます。

利息はキャッシングより低く抑えられていますが、担保物件や連帯保証人が要求されています。


キャッシング

キャッシングとは、個人向け少額融資です。

クレジットカードを使ってATMから現金を借り入れるのが一般的な利用方法です。

ローンと同様の借入なのですが、担保を必要としないため、住宅ローン・自動車ローンなどと比べると利息が高めに設定されています。

消費者金融会社では、「◯◯のキャッシング」といい、銀行やクレジット会社などが取り扱う場合は、「◯◯カードローン」などといいます。


クレジット契約

クレジットとは、信用を意味します。

ローン契約では、担保が必要です。

これに対して、クレジットはこうした土地や有価証券の代わりに、個人の信用を担保に、クレジット会社が販売店や飲食店に対して立替払いをします。

クレジット会社と個人との間で、先に商品を買ったりサービスを受けたりした代金を後払いする契約をします。

クレジット契約は、この人なら後で代金を支払ってくれるという信用のもとに成り立っているシステムです。

したがって、契約をする際に、個人の信用調査が行われます。



カードローン(キャッシング)の仕組みを理解しよう!

Business concept. Isolated on white

カードローンとは、個人が銀行や消費者金融から専用のカードですみやかに融資を受けることができる少額融資のことです。

また、クレジットカードやキャッシュカードでも借入ができるようになっており、その場合もキャッシュディスペンサーやATMなどから借入できます。

銀行や消費者金融によっては、カードローン利用者が指定する口座に振り込んでもらえるサービスもあります。

最近は、カードを利用せずにインターネット口座を持っている消費者にローン口座から振替で貸し付ける携帯のローンもあり、これらはネットローンやネットキャッシングなどと呼ばれています。


利便性

カードローンと通常の銀行ローンとの違いは、カードローンは連帯保証人なしで融資が受けられることです。

つまり、利用する本人の信用だけで借入ができます。

このように、カードローンは、借入申込者の本人確認と信用のみで短時間で融資を受けることができ、また、当然、借入金の使徒を問われませんので、さまざまな目的で融資を受けることができます。

以前は、カードローンは金利が高いというのが一般的でしたが、いまでは、低金利から一定期間無利息まで、幅広いカードローンサービスがあります。


カードローンに関する注意点

カードローンの利便性から使いすぎて、多重債務となってしまうことが多々あります。

利便性があるとはいえ、借り過ぎに注意をして無理のない返済計画を立てた上で利用しましょう。

また、借入は必要額にとどめましょう。

インターネット上で返済のシュミレーションができるサイトもありますので、これを利用して計算しておくと良いでしょう。

さらに、カードローンを繰り返し利用しているうちに、自分の銀行口座からお金を引き出したり入金したりしていることと勘違いしてしまうことがあります。

しかし、銀行口座の引出し入金と異なり、カードローンはあっという間に限度額に達してしまいます。

限度額に達すると、自由に出入れができないという不自由さから、次のカードが欲しくなり、新しい契約先を探すことになりかねません。



クレジットカードの仕組みや注意点!

cure

クレジットカードの仕組みは、お店で食事や買物をした時に、お店に対してクレジットカード会社に立替払いをしてもらい、後ほど、クレジットカード会社に立替分を支払うシステムです。

利用者には、経済的な信用が必要ですので、信用取引の典型です。

お店やレストランは、利用者を信用しているのではなく、クレジット会社が利用者の代わりに代金を払ってくれる契約になっているので、その場の支払いをカードの提示とサインで済ませてくれます。

クレジットカード会社は、クレジットカードの利用者がその代金を後から払ってくれる契約になっているので、販売店に対して代金を立替払いしてくれます。

利用者は一定期間支払いが猶予されます。


三者の利益

クレジットカード会社の利益は、加盟店からの手数料と会員からの手数料収入です。

クレジットカード会社は、利用者がクレジットカードで買い物やサービスを受けた代金や料金の数%が、カード会社の手数料として入ります。

手数料の割合は、クレジットカード会社によって異なります。

おおむね、信用の高いカード会社ほど高いといって良いでしょう

消費者としては、買いたい時に、手持ちの現金がなくても購入できるのがメリットです。

しかも、ほとんどのクレジットカードが一括払いの他に分割払い・リボ払いが選べますので、支出の波を穏やかにすることも可能です。

また、利用額によって、ポイントが付くのがほとんどです。

加盟店としても、消費者が欲しい商品をすぐ買えますので、販売のチャンスを逃しません。

すなわち、買うのはまたあとにしようとさせないことによって、売上をアップするというメリットがあります。


クレジットカードに関する法律関係

加盟店と利用者の法律関係は、商品の売買契約やサービスの提供を内容とする請負契約です。

クレジット会社と会員間では、クレジットカード利用契約の締結とクレジットカードの発行・貸与がなされます。

また、クレジット会社と加盟店間では、加盟店契約がなされます。


クレジットカードの注意点

クレジットカード会社は、利用者に信用を与えているわけですから、支払いに延滞が発生すると、利用者に信用がなくなり、強制解約や利用制限をされることもあります。

しかし、最も恐ろしいのは、クレジットカード情報が盗まれ、盗用者によって、悪用されるケースです。

不正利用をされないように、以下の各点に注意して下さい。

まず、違法風俗店や怪しげな店では使用しないのが賢明です。

他人のクレジットカードの磁気記録情報を不正に読みだしてコピーを作成して、使用する犯罪行為をスキミングと呼んでいます。

スキマーと呼ばれるカード情報読み取り装置を用いて、カード情報を読み出します。

スキミングは、カードの盗難と違って、カードはなくなりませんので、被害者は請求があって初めて気づくという特徴があります。

当然ですが、電車内・レストランでの財布の取扱にはくれぐれも注意して下さい。

また、車の中にはクレジットカードを置きっぱなしにしないで下さい。

万が一クレジットカードは盗まれていなくても、先ほど伝えたように情報だけスキミングされている可能性もあります。



消費者金融ではないけど即日キャッシングが可能!低金利の【オリックス銀行カードローン】

orix

最短即日審査が可能!

金利が最低年3.0%断然安い

驚きの限度額最高800万円

限度額300万円以下は所得証明書不要

→【オリックス銀行カードローン】の紹介ページはこちら



来店不要で口座がなくてもお申込可能な【横浜銀行カードローン】

yokohama

驚愕の格安最低金利年1.9%

即日審査で即日キャッシングも可能!

総量規制外で限度額最高1,000万円

口座がなくても申込み可能!

→【横浜銀行カードローン】の紹介ページはこちら



24時間手続き可能な三井住友銀行グループの【モビットカード】

mobi

1分以内の簡単審査が可能!

WEB上で申込めば面倒な電話や郵送もいりません

金利も最低3.0%〜と低金利!

正社員ではないパート・アルバイトの方でもOK!

→【モビットカード】の紹介ページはこちら



いま大注目!エグゼクティブプランが新登場した【みずほ銀行カードローン】

mizuho

入会金・年会費は一切ありません!

担保・保証人も不要!

年収の3分の1以上の借入も可能!

日本3大銀行の1つで取引も安心!

→【みずほ銀行カードローン】の紹介ページはこちら



消費者金融での即日キャッシングなら安心の【アイフルカードローン】

aihu

なんと最大30日間利息が0円

即日キャッシングでの審査スピードは業界一

所得証明書も不要で正社員じゃなくても借入可能!

消費者金融最大手のアイフルだから安心取引

→【アイフルカードローン】の紹介ページはこちら